自分で車検場へ車を持ち込み作戦!

自分で車検場へ車を持ち込み作戦!

車を持っていると、維持費は絶対かかってきます。
燃料、税金、タイヤ代、そして車検。

 

車検は、車種によって受ける回数が決まってきます。
新車のバンなどの4ナンバー、1ナンバー車は初回は2年後、あとはずっと1年おき、他は初回は3年後、あとはずっと2年おきとなります。
車検は安いものではありません。

車検,費用,安い,ユーザー,自分で

 

新車で買って2.3年は事故などで車を破損させない限りは、特別費用がかかることはないですが、長く乗っていると、ここもあそこも修理しないといけないことにもなります。
もちろん車検+修理の費用となります。

 

私も経験があり、だいたいこれぐらいかなと思っていて、実際に車検の見積もりを出すとびっくりする費用になっていたこともあります。
しかし、全て言われるがままにする必要はありません。
今すぐ交換しなければいけない危険な箇所は別として、ワイパーゴムが痛んできているとか、ブレーキパッドなどあと1年はもつくらいなら、私の場合、車検見積もりから外してもらいます。

 

それでも、高くつきそうな車検の時には、車検場へ自分でもっていき車検を受けます。
一度、自分でもっていくと、ディーラーなどで車検を依頼するのが馬鹿らしくなるくらい、費用を押さえることができます。

 

その差はなにか?

 

色々な手続きの手数料です。
自分でもっていけば、印紙など最低限の手数料だけで済むのです。
そして、自分で交換できるところはなるべく自分で交換すること。
ディーラーなどでやってもらうと、工賃もかさんできます。

 

なるべく車検費用を安く済ませたいと思うのは私だけではないと思います。
こんなに安いの!?と私も感動したくらいです。
一度、やってみる価値はあると思います。

page top