車検を通す際のいろいろなノウハウ

車検を通す際のいろいろなノウハウ

今回は車検のノウハウについてです。

 

意外と皆さんはユーザー車検というものをやっていない方々が多いみたいですね。

車検,通す,コツ

 

まず車検というと、まず心配なのが費用がいくらかかるかですよね。

 

ユーザー車検でやれば費用は安く抑えられます。
車の整備知識が無くても大丈夫です。

 

ユーザー車検とは、自分で陸運局へ行き、自分で車が大丈夫か調べるのです。自分でやることにより車検の費用は安く抑えられます。

 

どこかの業者さんに任せっきりにするよりは費用は安いです。

 

あとユーザー車検で良い点は何か困った時はすぐ横に陸運局の人がいますので、そちらの方に聞けば何でも教えてくれます。

 

何をしたら良いのか、この後どうしたら良いのか聞ける点は安心ですし良い点ですね。また、必ず車検に合格するとは限りません。注意点として、もし車検不合格となった場合、陸運局の方に何が不適合なのかしっかり聞くかメモしましょう。

 

そして、陸運局近くには車の整備工場が必ずありますので、そちらで修理等をしましょう。

 

修理なく一発合格した場合、2000ccインプレッサで70000円弱でした。

 

このように自分でユーザー車検をすることで費用を安くすることができます。

 

車検の通し方↓

関連ページ

ディーラー車検はなぜ高額になってしまうの?ディーラー車検が高額なわけ。
高額なディーラー車権のメリットは?なぜあれほどの高額なのに殆どの方はディーラーに車検を出すのか?疑問を紐解いていきます。
激安車検のメリットとデメリットは?安ければいいってもんじゃないですよね?どちらがお得なのか?
激安車検をとるか、お金をかけてディーラー車検?そんなお悩みにお答えしています。安い車検とディラー車検の差とは?
検査が切れていても公道を走行できる仮ナンバーとは?切れた場合に走行できる?
車検が切れた場合は公道を走ってはいけません。車検が切れた場合の対処法を紹介します。
車検は5つの検査に分かれている。車検の種類とは?新規・中古新規・構造変更・継続・予備の違い
車検の種類はどのようなものがあるのでしょうか?車検と一言で言っても5つの種類があるそうですよ。
出来るだけ車検を安く片付ける場合に注意することとは?
これから車検を控えているあなたに、車権が格安で出来る業者を検索する方法を教えちゃいます。出来るだけ車検費用を安く済ませたい方は必見ですよ。車検費用の安い業者はここから選んでください。ランキングもご紹介しています。
車検を少しでも安くするポイントは!?
実際に車検を通してみて、車検を安くするポイントをまとめてみました。車検を安く済ませたいなら必須のテクニックです。