検査が切れていても公道を走行できる仮ナンバーとは?切れた場合に走行できる?

検査が切れていても公道を走行できる仮ナンバーとは?切れた場合に走行できる?

車検は一定期間内に必ず受ける必要があります。

車検,切れ,走行

 

ただしその期限が切れていること自体には、罰則は発生しません。

 

つまりそのまま放置していても、問題はないと言うことです。

 

ですがそのことを知りながら、その自動車で公道を走行した場合には罰則の対象となります。

 

この場合は、車検が切れていることに加えて自賠責保険の期限が切れていることに対する罰則も重ねられるので、違反点数12点で90日の免許停止、更に罰金も発生します。

 

そして車検切れの場合、自動車保険も適用されなくなるので、万が一、トラブルを起こした際にも、その損失はカバーされません。
ですから車検切れの車を走行させるのは絶対に止めて下さい。

 

でも、それでは車検を受けに行くことができないと思う人もいるかもしれませんが、この場合、ひとつは業者に引き取りに来てもらうと言う方法があります。

 

それでも、自分で持っていくと言う場合には仮ナンバーを取得することが求められます。
仮ナンバーは、車検切れの車を整備工場などに回送する場合に限り、例外的にその走行を認めるために発行されるナンバーのことです。

 

この仮ナンバーは決められた有効期限、経路、目的以外で使用することはできません。

 

これを発行したい場合には、自動車を走行させたい当日か前日に市役所や区役所に申請します。

 

その際には、車検証と自賠責の証書が必要です。

 

審査後には速やかに発行され、使用後5日以内に返却する必要があります。

 

車検が切れる前に出来るだけ早く車検の予約を入れたほうが割引が多くなったり、安心もできるのでお得ですよ。

 

>>車検の見積を依頼するならこちらがお得<<

page top