車検費用は最初に払う?出来上がってから?

車検費用は最初に払う?出来上がってから?

車検の支払いタイミングは通常は前払いで、車検が実施される前に払いますが、理由として自賠責の保険料や手数料、従量税などの法定費用を事前に支払う必要があります。

 

ユーザー車検の場合は、検査場で事前に支払うことになりますが、業者に車検を代行してもらう場合は、従量税や手数料などの法定費用は一時的に業者が立て替えてくれます。

車検,支払いタイミング

 

ただ、車検の期限が迫っているのに車検費用を支払うことができない場合でも良心的な業者であれば、交渉することで分割払いに対応してくれる場合もあります。

 

また、クレジットカードで支払うことができる業者では、出来上がってから支払いに1ヶ月の猶予ができることもあるので、リボ払いができる場合は、分割払いをすることもできますが、リボ払いは金利を支払う必要があるので、支払金額の総額が高くなります。

 

ディーラーに依頼する場合も後払いに対応してもらうこともできますが、先払いをしたほうが作業をスムーズに進めることもできるので、すぐに支払うことができる場合は、先払いのほうがいいです。

 

ただ、車検費用は決して安いとはいえない金額を支払うことになるので、申し込みをする時点で支払い時期や支払い方法、支払い方法などをあらかじめ確認するのも手です。

関連ページ

見積と違う価格を請求された場合は?高くなる場合のパターン。
車検の見積もりと違う金額を請求された場合はどのように対処したらよいのでしょうか?見積よりもだいぶ高く請求されるということもあるようです。
車検にかかる費用はどんな項目があるのでしょうか?税金と整備代金の割合は?
車検に価格費用というのはどのような項目でどのくらいの金額が掛かるのかご存知でしょうか?ある程度の知識を知っていれば余計なお金をかけずに済みますね。
車検時に必ずかかる整備代金とはどこまで整備するの?整備代金の内訳とは?
これから車検を控えているあなたに、車権が格安で出来る業者を検索する方法を教えちゃいます。出来るだけ車検費用を安く済ませたい方は必見ですよ。車検費用の安い業者はここから選んでください。ランキングもご紹介しています。
普通自動車の車検自体にかかる最低限必要な費用はいくら?どうしてもかかる費用とは?
車検を安く済ませたいと思うのであれば、必要な最低価格は知っておく必要があります。整備代金では無く法定費用です。