車検にかかる費用はどんな項目があるのでしょうか?税金と整備代金の割合は?

車検にかかる費用はどんな項目があるのでしょうか?税金と整備代金の割合は?

車検にかかる費用は車検基本料と法定費用という2種類の内訳の合計となっています。

 

車検にかかる費用はどんな項目があるのでしょうか?税金と整備代金の割合は?

 

法定費用とは、重量税という車の重さや燃費、排気量などによって決められる税金、車検期間中の必ず加入しなければならない自賠責保険の料金、車検を受ける上で必要な手数料である検査登録料の3つを合わせたもので固定となっているため、どこに車持って行っても変わらない値段となっています。

 

次に車検基本料ですが、これは整備費用のことで、車の種類やどこに依頼するかによって料金が変動します。

 

依頼先として以下のようなものがあり、それぞれに特徴があります。

 

自分の車を取り扱っているディーラーに直接持っていく方法は全ておまかせでいいほど安心できますが割高です。

 

車検専門のチェーン店に持って行く方法はキャンペーンなどお得な部分はありますが店舗によって料金が違うので見積もりに注意しておく必要があります。

 

一般の整備工場はどんな車でも取り扱ってもらえる上に安く済むことがほとんどですが整備や修理の対応が難しいこともあります。

 

車検にかかる費用はどんな項目があるのでしょうか?税金と整備代金の割合は?

 

他にも自分自身で整備を行うなど多様な方法がありますが、ディーラーを上限として他の方法で料金が安く済ませることもできますが、その分のデメリットも考慮した上で決めなければなりません。

 

以上のことで車検費用を抑えるためには固定費は変わらないので整備費用をどうするかによって割合は大きく変わることとなります。

 

>>車検の整備費用がどのくらいかかるのか比較してみる!

page top