見積と違う価格を請求された場合は?高くなる場合のパターン。

見積と違う価格を請求された場合は?高くなる場合のパターン。

車検業者の見積もりには、業者が目視だけで点検整備の予想をしたり、概算で見積もりを出しています。

 

 

点検整備のように詳しく車をチェックしているわけでないので、見積もりをした後で致命的な部分が磨耗などが見つかって交換しなければならなくなるので、追加費用を請求されることがあります。

車検費用が一番安いお店が見つかる方法!

 

 

有名な車検業者でも追加費用が頻繁に発生することもあると言われているので、ネット上から業者の口コミで評判を調べたり、有名な業者であるかを確認することで、交換する必要のない部品などを交換されて追加請求される事態を防ぐことができます。

 

見積もり請求が発生することがある原因に、悪徳業者がドライバーの車の知識がないことを確認して、請求時にわざと追加費用を請求していることもあり、交換する必要のない部品かどうか車の知識がないと判断できないので、追加請求された費用を疑いなく支払うケースも少なくありません。

 

また、良くない業者の場合は、点検や整備なども不明瞭なので不安ですが、最近は立ち合い車検で、整備士に部品の磨耗度を確認したり、説明を受けながら車検をしてもらうことができるところもあります。

 

車検の費用はドライバーからすると大きな出費ですので、業者に値切りをするケースもありますが、値切りをすると業者は赤字にならないように最低限の部品を交換したりすることがあるので、追加費用が発生することがあるので、値切りはしないほうがいいかもしれません。

 

車検費用を抑えたいのであればやはり車検の見積もりを比較することをオススメしますよ。

 

車検費用が簡単に比較できるランキングはこちら

 

page top