車検費用が安い業者を探すための基礎知識

車検費用を安く抑えるコツとは?車検費用の安い業者を探せ!

車検を安く済ませるにはどのような方法があるのでしょうか?

車検,費用,安い,比較,ランキング,格安,相場

 

まずは車検の費用が安い業者を探す必要があります。

 

更には安ければ良いというものでも無いのです。

 

安い車検費用で安心して任せられる業者探しが必要です。

 

車検を出来るだけ安く抑えるコツとは?車検は安くても安心んして任せられるの?

 

車検,費用,安い,比較,ランキング,格安,相場

 

車検は普通乗用車で新車から3年、次から2年毎に法定点検として行わなければいけません。

 

その際に、法定料金となる重量税や自賠責保険料、印紙代などの負担と点検項目にて不具合があった部分の修理をする必要があります。

 

法定料金と修理費を含めると車検費用が高くなることがあります。
車検が高くなる要素に、検査項目に関係ない部分の修理費が含まれることや交換部品点数が多くなることがあります。

 

そのような場合は、なぜそれだけの費用が掛かるのか説明を受けましょう。

 

正当な説明が無いようですと無駄に費用がかかってしまいますので注意が必要です。

 

車検費用を安くするための注意として、業者選びを正しくしましょう。

 

法定料金に関してはどの業者で行っても一緒ですが、その他の検査代行費や手数料、工賃などの費用が異なるのですが、これらの費用は決まりがありません。

 

また、交換が必要な部品は交換しなければいけませんが、そうでない部品も交換してしまう業者も少なくはないです。

 

車検,費用,安い,比較,ランキング,格安,相場

 

安い費用で車検を済ますコツとしては、見積もりを必ず取り目を通すことです。

 

異なる業者の見積もりを取り、すべての費用や交換部品点数をなどを比較することが大切です。

 

見積もり内容が丁寧に書き込まれているかを確認しましょう。

 

消耗品交換の際の部品名や商品ナンバー、交換時までの走行距離、ブレーキやタイヤなどの残寸などの確認も必要です。

 

まだ耐久性がある消耗部品でも交換してしまう業者もいます。

 

自動車のメンテナンスでは、安いという評価は適正な修繕が行われているかであり、長期で長持ちすることがお値打ちであるため、適正な方法で無駄のない検査方法を行ってくれる業者をしっかりと選びましょう。

 

>>車検の比較が出来る便利なサイトランキングを見る!

車検費用を安く抑えるために知っておきたいこと

車検を安く済ませるには 販売店であるディーラー任せにしないことがあげられます。

 

車検,費用,安い,比較,ランキング,格安,相場

 

車検費用を安い業者で行うには、集客の為に人通りが多い通りなどディーラーの立地条件による高額な借地価格、あるいは高額な固定資産税などによっても車検代が高くなりがちなディーラーに任せっきりにしないことです。

 

大きな組織であるが故 ディーラーは、営業、総務、販売、受付などのスタッフを高い給料で雇用しています。

 

ディーラーを訪問すれば皆 洗練された笑顔、サービスで迎い入れてくれますが全てコストがかかっています。

 

次に技術者である整備士およびその育成、教育にも新卒入社が多い為 相当なコストがかかっています。さらに交換部品も純正を使用するため 工賃含め安くはありません。

 

ディーラー車検は、至れり尽くせりで全て任せられますが、コストが高くなるのは目に見えています。

 

最近は安価な車検広告が目につきますが カーショップ、整備工場などさまざまな組織が間口を広げ顧客獲得に積極的です。

 

こうした中から選択する方がコストは抑えられます。
技術的不安がないか心配するかもしれませんが、昨今のこうした整備工場も整備士の勘に頼るのではなく、技術革新した汎用性の高い調査機器の導入によりディーラー並のチェックをします。

 

さらに車に知識のある方は、車検前に自分で部品交換を行うことでコストはかなり抑えられます。

車検,費用,安い,比較,ランキング,格安,相場


具体的には エアコンフィルター、ラジエターの不凍液、エアーフィルター、エンジンオイルなどの交換をDIYで行った後に車検整備に出すことです。

 

車検を人任せにせず、自分も知識を持ってかかわることで、故障など万が一の際の対応も動揺することなくスムーズにいきます。

 

車検費用を安くするためには、ご自分でも車検への知識を持つことをオススメします。

 

車検にかかる費用は、法定費用は削減しようが無いので、整備費用をいかに抑えるかがカギとなります。

 

必要のない整備費用や、相場よりも高い金額での見積など、多少の注意を払うことで車検の費用は安く抑える事が可能です。

 

最近の自動車は丈夫に出来ているので、そうそう車検毎に部品を交換することも少なくなってきていますので、ご自分で必要な整備なのかを判断すると良いでしょう。

 

そこで簡単に車検費用を安い価格で提供している業者を探す方法があります。

 

車検の費用を見積もりしてもらい比較することが簡単に出来るサービスが無料で使えるんです。

 

>>車検費用の比較が簡単に出来る無料のサービスはコチラ<<

車検を出す前に車検費用を比較することが大事です

車検前の見積もりは無料で行ってくれますので 事前に比較検討ができます。

 

車検,費用,安い,比較,ランキング,格安,相場

 

車検時に支払う重量税、自賠責保険料、印紙代などはどこで受けても共通ですので 車検見積もりの違いは 車検基本作業料金、交換部品代とその作業工賃が金額差となります。

車検,費用,安い,比較,ランキング,格安,相場

 

車検証の裏に記載されていますが、車検を通過する事がこれから3年間あるいは2年間安全を保障するものではありません。

 

現時点で問題がないことを確認する作業だということを十分認識してください。

 

 

多少車の知識があることを大前提としてチェックすべきは 何を交換するかです。

 

部品交換箇所が増えれば当然金額に反映されますので、必要な交換か否かを十分検討することです。

 

必要な部品交換か否かは多少知識が必要ですが、相手の言いなりで部品交換を受け入れるのはやめましょう。

 

また車を安全に走行させるために定期的に交換すべきものがあります。

 

詳細な理由はここでは割愛しますが、ブレーキオイル、摩耗状態によりますがベルト類、エンジンオイルおよびエレメント、ラジエターの不凍液、エアコンやエアーなどフィルター類、法的に順守すべき使用期限が決まっている発煙筒などです。

 

先々に影響がありますのでこれらは必要に応じて交換対象にしましょう。

車検,費用,安い,比較,ランキング,格安,相場

 

次に交換部品の明細が揃えば、部品の価格とその作業工賃の確認です。

 

ここが金額を大きく左右します。

 

交換部品が純正か否かです。

 

カーディーラーが使う純正品は一般的に高いです。

 

純正品でなくても性能は十分です。

 

ジェネリック薬品ではありませんが、そんな感覚で選択すればよいです。

 

そしてその部品交換の際の作業工賃です。

 

ここが見積もり比較検討の最重要部分となります。

 

格安車検見積りランキング!

車検は比較サイトで見積もりを出してから安いお店で受けることをオススメします。

 

車検費用を安く抑えるのであれば、 下記のランキングから車検の比較をすることが一番の近道です。

 

各車検の比較は無料で使えます。

 

地域別で比較できるのでお住まいから一番近くて一番安い車検代行のお店を選んでもよし、安心して任せられるお店を選んでも良いと思います。

 

各比較サイト内でお住まいの郵便番号を入力すると比較できるのでぜひご利用ください。

 

車検の見積りに便利なサイトランキング!

 

 

 

車検,費用,安い,比較,ランキング,格安,相場

 

楽天車検

 

車検の比較見積もりでは断然1位!

 

簡単な検索、充実した店舗情報、5,000件以上の口コミで「自宅に近く、安心して車検を受けられる店舗を探したい」、「いろいろな条件で車検店舗を比較したい」、「お得に車検を受けたい」など、これから車検を受けたい方にオススメです!

 

クレジットカードで支払いが可能!

 

車検,費用,安い,比較,ランキング,格安,相場

 

楽天車検の公式サイトはコチラから↓
https://shaken.rakuten.co.jp/

 

 

 

お近くの安い車検業者を探すには郵便番号をいれるだけ!

 

 

 

車検,費用,安い,比較,ランキング,格安,相場

 

EPARK 車検

 

車検取り扱い台数8万件突破で、最近勢いを増しているEPARK車検

 

最大82%の割引がある車検業者が選べるのも魅力。

 

加盟店は2400店舗と楽天に若干劣るが、ちほうに強いので都市部以外の方ならオススメNo.1です。

 

車検,費用,安い,比較,ランキング,格安,相場

 

EPARK車検の公式サイトはコチラから↓

 

https://otakara-shaken.com/

 

 

 

 

車検,費用,安い,比較,ランキング,格安,相場

 

ホリデー車検

 

見積り比較サイトでは無いのですが、良心価格と立会い40分車検が高評価!

 

予約をしておくと、たった40分で車権が終わってしまい、日帰りで帰れるのは嬉しです。f

 

価格も抑えることもできて、すぐ終わると評判の車検業者です。

 

車検,費用,安い,比較,ランキング,格安,相場

 

ホリデー車検の公式サイトはコチラから↓

 

http://www.holiday-fc.co.jp/

 

車検費用が安い業者が見つかったら?

上のランキングを利用して車検の費用が安い業者が見つかったら早めに車検に出してしまいましょう!

 

車検,費用,安い,比較,ランキング,格安,相場

 

車検の有効期限1ヶ月前から車検は受けうことが出来ますが、1ヶ月前に受けたからといって、受けた日から2年間になってしまうわけではありません。

 

しっかりと車検有効期限の日から2年間となります。

 

業者によっては車検が切れてしまってから車検に出すと、車検費用に加えて”引き取り費用”というものを請求されるおそれがあります。

 

車検費用を安く抑えているために、余計な手間がかかると費用を請求されることが多いです。

 

ディーラー車券などの場合はサービスでやってくれるところが多いそうですが、積載車という車を載せる事が出来るトラックで引取りに来てくれます。

 

車検が切れてしまうと公道の走行が出来ないので、車検業者も代車と引き換えに乗って帰ることが出来ません。

 

ご自分で運転しても、公道は車検がないと走れないという法律があるので、無理はしないでくださいね。

 

車検が切れているまま走行したら、6点の原点となります。

 

車検と同時に入る自賠責保険も切れていると合計で12点の減点となり、一発で1年間の免停となります。

 

車検は早めに受けておいても損は無いのです。

 

車検の費用が安い業者で決まったらすぐにでも車検に出しましょう!

 

>>まだ車検業者が決まっていない方はコチラ

車検費用の分割は可能なの?

車検にかかってくる費用は基本的には現金での一括払いとなっており、法定費用の中には運輸支局に収入印紙で支払うと言うものもあるので基本としては現金払いとなっています。

 

車検,費用,安い,比較,ランキング,格安,相場

 

なので通常であれば分割することはできないと考えられているのですが、実はクレジットカードを利用することによって分割での支払いも可能となっているのです。

 

ただし全てのクレジットカードや、自動車整備工場やディーラーで利用できると言うわけではなく、クレジットカード会社と提携している自動車整備工場やディーラーであることなど、クレジットカードでの分割払いに対応しているかどうかがポイントになっています。

 

場合によっては車検ローンと言うサービスを提供しているところもあるので、車検費用が高くなっているという場合には利用することもおすすめされています。

車検,費用,安い,比較,ランキング,格安,相場

 

ただし注意点としてクレジットカードを利用して分割払いをするということは当然金利が発生するということになるので、安い車検費用で分割払いを利用してしまうと高くついてしまうと言う可能性もあります。

 

またローンを組むことができないと言う場合は当然分割払いを利用することはできないようになっているので、車検の費用が安かった場合やローンを組むことが出来ないという場合は一括払いをする方がいいと言われています。

 

ちなみにどうしても現金で分割払いをしたいという場合は自動車整備工場やディーラーに交渉すると言う手段もありますが、ある程度の付き合いがないと交渉すること自体が難しいと言う点もあるようです。

 

 

>>車検費用を分割で払える車検業者を探す<<

車検費用の安い業者はクレジットカード払いは可能?

車検はクレジットカードで支払うことができるのか気になるところですが、これは可能な部分もありますしできない部分があります。

 

 

車検,費用,安い,比較,ランキング,格安,相場

車検を通す時には、ディーラーであったり民間の業者を利用することが多いことでしょうが、そのような場合には点検や整備に関わる費用に関してはクレジットカードで支払うことができるケースもあるので確認をしておくと良いでしょう。

 

ディーラーや民間の業者を利用せずに自ら車検場で検査を受ける、ユーザー車検の場合にはクレジットカードで支払うことができないのでこれも合わせて覚えておく必要があります。

 

クレジットカードで支払うことができないというのは、この実費の部分であり自賠責や重量税と言った法定費用に関しては現金で支払わなければなりません。
逆にそれ以外の業者の取り分となる点検や整備費に関しては、クレジットカードで支払うことができることもあるのでこの辺のことをよく知っておくと節約につなげることができます。

車検,費用,安い,比較,ランキング,格安,相場
当然のことながらクレジットカードの取扱というのは、業者によっても変わってきますから業者側が手数料を支払うのを嫌うのであれば取り扱っていないということもあるので事前に確認をしておく必要があります。

 

車検というのは車を維持していく上でも大きな出費がかかる場面となりますから、少しでも節約をすることができるように支払の方法などを覚えておくと便利です。

 

点検や整備の費用というのも大きなものになりやすいので、車検自体には支払いが使えなくてもそれらのものにクレジットカードで支払いができるだけで大きな節約になります。

 

クレジットカードが使える業者を探すことも出来る車検の比較サイトはコチラ

車検費用を安く抑えた方の口コミ

 

 

 

今年の8月、購入後初の車検を迎えようとしてました。

 

車検の少し前に引越しをしたのもあり、ディーラーでの車検は考えていませんでした。
そこで両親が車検をしているお店と、よく聞くチェーン店で車検の見積もりを取ってみました。

 

私の車はフィットハイブリッドです。
通常10万以上は掛かるらしいと聞いていたのでドキドキしながら見積もり費用を見ると、57000円と54000円でした。
ディーラーだと10万円以上というのが頭にあったので、とても安いと感じました。

 

即54000円のお店で依頼しました。

車検,費用,安い,比較,ランキング,格安,相場


すると平日割引などもあり、そこから更に1000円引きでした。車幅のライトが切れていたので交換もしてもらいましたが、合計54287円でした。
そして車検後にも色々な保証がついていました。次の車検までも安心して乗れると思いました。先日用事があり、ディーラーに行きましたが、この費用にとても驚いていました。

 

車はお金が掛かってしまうものです。削れるところではなるべく削れるよう、いろんなお店で車検の見積もりを取ったり、割引等調べることによってお得に車検を受けることが出来ます。一つの手間ですが、満足した車検だったと思います。

 

23歳 茨城県 男性

 

車検,費用,安い,比較,ランキング,格安,相場

 

私の車検についての体験談を書きます。
新車で購入し、5年目になるホンダのライフです。

 

車検,費用,安い,比較,ランキング,格安,相場

 

また来年の3月に車検の時期を迎えるので、今はいかに費用を安く済ませようかと考えています。
車検の費用があまりに安いのも不安になるので、ある程度、車に詳しい方と一緒に車検について考えるのをオススメします。
私は、新車を購入したお店にて車検をうけてきました。

 

車検のパックのようなものを提示してくれるので、細かい点も含めて相談して、10万円程度でお願いしています。
購入先のディーラーさんだと、何かと安心して相談できるので、ガソリンスタンドなどでやっている車検よりも私の中では安心かつ技術も信頼ができるので、良いと思います。

 

車検内容も細かく紙で提示してくれるのですが、私の場合は父が車に詳しく、ディーラーにいた経験もあるので、乗る頻度が少なく走行距離も少ない私にとって、不必要だろうと思われる整備内容を見直してもらっています。あくまでこれは、ディーラーさんとも確認することが必要かと思います。
場合によっては、省いてもらったりすると、費用が10万円以下でおさえられると思います。

 

来年の車検では、前よりもお安くおさえたいので内容を検討しています。

車検の法定費用は?最低でも掛かる法定費用はどのくらい?

車検には2種類の費用がかかってくるとされていて、1つが法定費用と呼ばれているものであり自動車重量税・自賠責保険料・登録・申請手数料などのことを指しています。

 

車検,費用,安い,比較,ランキング,格安,相場

 

そしてもう1つが点検整備料・車検代行料・部品交換の部品代・作業代等などのその他の費用として分類されているのですが、その他の費用はある程度節約することができるのに対して法定費用に関してはほとんど固定となっているので節約することができない費用として知られています。

 

そんな法定費用がどのくらいかかってくるのかと言うと、まず自動車の重さを基準に額が決められる税金である自動車重量税については0.5t単位で金額が決まってきます。
なので0.5tまでが8200円、1.0tまでが16400円となります。

 

こちらはエコカー減税が適応されないので注意が必要です。

 

車検,費用,安い,比較,ランキング,格安,相場

そして自賠責保険料は沖縄や離島以外では保険料は同額となっていて、3年でおよそ40000円、2年でおよそ28000円ほどかかるとされています。

自賠責保険料は必ず加入しなければいけないのでかかってくる負担になりますし、車の重さや年数に関係なく一律となっています。

 

さらに登録・申請手数料は運輸支局で収入印紙で手数料を払う必要があるのですが、これはそれぞれの都道府県にある運輸支局によって異なっているのでその地域別に確認しておく必要があります。

 

これらをトータルして車検の際にかかる法定費用の最低価格としては、およそ40000円ほどだと言えます。